MENU
TOP
「土地総合研究」
「今月の不動産経済」
不動産業業況等調査
定期講演会等
FP継続教育研修
土地総研メールマガジン
(購読無料、月1回配信)
→ 登録はこちら
「今月の窓」
リサーチメモ
関連資料
長期時系列統計
研究会の開催状況
研究所のご案内
アクセスマップ
English Page
出版物 > 「土地総合研究」 > 前号までの各号 > 第24巻第4号(2016年秋)
土地総合研究 第24巻第4号(2016年秋)
● 特集 マイナス金利下における金融・不動産市場
 日本不動産投資市場概観 赤城 威志
(ジョーンズ ラング ラサール(JLL)
リサーチ事業部長)
 世界的な金融緩和と住宅価格の状況について 茨木 秀行
(内閣府参事官(経済財政分析総括担当))
 金融緩和政策と住宅価格の関係
―金融危機後の日本と諸外国の比較―
大越 利之
(麗澤大学経済学部 准教授・
土地総合研究所 客員主任研究員)
 2013年以降の日本経済と不動産市場 北坂 真一
(同志社大学経済学部 教授)
 日銀の超金融緩和政策を巡る最新事情と課題 小松 英二
(ファイナンシャルプランナー
・経済アナリスト)
 マイナス金利政策をどう考えるか:7つの論点 竹田 陽介
(上智大学経済学部 教授)
 金融緩和が不動産市場に及ぼす影響 田邉 信之
(宮城大学事業構想学部 教授)
 世界経済三つの地殻変動と金融・財政政策の「政策飽和」 西村 淸彦
(東京大学大学院経済学研究科 教授)
 日米独の不動産価格と投資の比較 濵尾 泰
(南カリフォルニア大学 教授)
 金融緩和と経済活動・不動産取引 堀江 康熙
(関西外国語大学教授
・九州大学名誉教授)
 長期化する金融緩和と熱狂なき不動産市場 吉野 薫
(日本不動産研究所
不動産エコノミスト)
 中古マンションの不動産価格指数の推計におけるリピートセールス法導入の可能性 沓澤 隆司
(政策研究大学院大学 教授)
 J-REITのインプライド・キャップレートを使った金利感応度分析 佐久間 誠
(ニッセイ基礎研究所 研究員)
矢嶋 康次
(同 チーフエコノミスト)
 家計の流動性制約と転居行動の実証分析 瀬古 美喜
(武蔵野大学教授・慶應義塾大学名誉教授)
隅田 和人
(東洋大学経済学部 准教授)
直井 道生
(慶應義塾大学経済学部 准教授)
 民間住宅投資の変動要因に関する一考察
―人口要因と金利要因―
妹尾 芳彦
(土地総合研究所 研究顧問)
● 研究ノート
 信託法を概観する(2)
―信託税制や活用事例の紹介を中心に―
荒井 俊行
((一財)土地総合研究所 専務理事)
 不易流行・不産流寓・不動産流通(中) 変態と変容(3) 渡辺 直行
(元・土地総合研究所)
● 講演録
 第192回定期講演会 講演録
「宅地建物取引業法の改正」

*資料はこちら
杉田 雅嗣
(国土交通省 土地・建設産業局
不動産業課 不動産業政策調整官)