MENU
TOP
「土地総合研究」
「今月の不動産経済」
不動産業業況等調査
定期講演会等
FP継続教育研修
土地総研メールマガジン
(購読無料、月1回配信)
→ 登録はこちら
「今月の窓」
リサーチメモ
関連資料
長期時系列統計
研究会の開催状況
研究所のご案内
アクセスマップ
English Page
関連資料 > 関連する出版物 > 民法改正と不動産実務
「民法改正と不動産実務」
改訂版「民法改正と不動産実務」

一般財団法人 土地総合研究所 編著・発行
大成出版社、2015年12月16日刊行、A5判、227p
定価 2,160円(本体 2,000円)

【大成出版社】へのリンク
解説
不動産実務に大きな影響を与える「民法改正」を取引の実務上の留意点まで踏み込んで解説!!
・不動産売買や賃貸に関する基本的ルールを定める「民法」(債権関係)が制定以来の大改正!
・不動産実務に関係する事項をいち早く解説!

不動産実務に大きな影響を与える改正内容を十分に理解し、紛争を防止するための的確な対応策を検討するため、諸般で検討が不十分だった点やわかりにくい表現等をさらに検討を加え不動産実務への影響と留意点などについて追加、修正を加えた改訂版!
目次
第1章 民法(債権関係)改正について
第2章 契約一般
第3章 売買
第4章 賃貸借
第5章 その他
第6章 まとめ