MENU
TOP
「土地総合研究」
「今月の不動産経済」
不動産業業況等調査
定期講演会等
FP継続教育研修
土地総研メールマガジン
(購読無料、月1回配信)
→ 登録はこちら
「今月の窓」
リサーチメモ
関連資料
長期時系列統計
研究会の開催状況
研究所のご案内
アクセスマップ
English Page
FP継続教育研修 > 今月・来月のセミナー開催スケジュール
今月・来月のセミナー開催スケジュール
●今月・来月のセミナー一覧(開催済のセミナーを含む)
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/01/05
9:30-16:30
不動産の有効活用について考える 荒井 俊行 不動産 AFP6.0
CFP6.0
8,000円
【開催日時】2019年1月5日 9:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】荒井 俊行(土地総合研究所 専務理事/宅地建物取引士/マンション管理士/不動産鑑定士旧2次試験合格/CFP)
【概要】
普段、業務等との関係が薄いために不動産について考える機会が少ない方を対象に、
1.日本の不動産をめぐる客観的な状況を踏まえつつ、
2.二極化といわれる不動産の勝ち組、負け組が生まれる背景とそれへの対応、
3.不動産の相続対策、
4.不動産投資の留意点、
5.法人不動産の活用の視点
などを広くご紹介し、受講者の不動産に対する認識を広げることを目的とする。
講義には日本経済新聞出版社が2018年9月に出版した「不動産活用術」を使用し、この記述を説明・補充しながら行う。本教材については、土地総合研究所で用意し、当日無料で受講者に配布する。また、必要に応じ、補足資料を用意し、税制、予算など不動産に関する最新の動きなども紹介できるように配慮する。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/01/19
9:30-16:30
不動産の有効活用について考える 荒井 俊行 不動産 AFP6.0
CFP6.0
8,000円
【開催日時】2019年1月19日 9:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】荒井 俊行(土地総合研究所 専務理事/宅地建物取引士/マンション管理士/不動産鑑定士旧2次試験合格/CFP)
【概要】
普段、業務等との関係が薄いために不動産について考える機会が少ない方を対象に、
1.日本の不動産をめぐる客観的な状況を踏まえつつ、
2.二極化といわれる不動産の勝ち組、負け組が生まれる背景とそれへの対応、
3.不動産の相続対策、
4.不動産投資の留意点、
5.法人不動産の活用の視点
などを広くご紹介し、受講者の不動産に対する認識を広げることを目的とする。
講義には日本経済新聞出版社が2018年9月に出版した「不動産活用術」を使用し、この記述を説明・補充しながら行う。本教材については、土地総合研究所で用意し、当日無料で受講者に配布する。また、必要に応じ、補足資料を用意し、税制、予算など不動産に関する最新の動きなども紹介できるように配慮する。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/01/28
14:00-16:00
住宅の社会的性質とは何か 妹尾 芳彦 不動産 AFP2.0
CFP2.0
2,000円
【開催日時】2019年1月28日 14:00 ~ 16:00
【開催場所】日本消防会館 5階 大会議室(http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html
【定員】30名
【講師】妹尾 芳彦(専修大学大学院 客員教授/(一財)土地総合研究所 研究顧問)
【概要】
1 住宅という財の性質
・住宅の社会性は自明か
・住宅は典型的な「私的財」
・衣食住といわれるように「住宅」はナショナル・ミニマムの典型
・住宅は「価値財」の一種
2 経済の変調と所得分配の様相の変化
・経済の長期停滞
・低成長で何が起こっているか
・経済の変調の基底にあるもの
・所得分配の変容
・住宅市場へのインパクト
3 住宅の財としての性質の変容
・公共住宅のウェイトの変化とその意味
・非市場要因膨張化の流れ
・公営住宅自体の非効率性と所得分配上の問題点
・公営住宅はマージナル化すべきか
4 賃貸化時代の住宅政策
・所得水準停滞、所得分配の2極化、非市場な要因の重大化等が示唆していること
・ユニバーサルな住宅政策に求められるもの
・住宅手当という政策を問い直す

※本研修は、一般参加者と共同で聴講いただきます。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/02/09
9:30-12:30
図解で学ぶ!キャッシュレス社会の最前線と仮想通貨の課題・展望 小松 英二 金融 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2019年2月9日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】小松 英二(ゴールデンエイジ総研 代表/経済アナリスト/CFP)
【概要】
クレジットカードやスマホ決済を中心にキャッシュレス化が急速に進んでいる。最新動向を掴み、課題を整理するとともに今後を展望する。また、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、注目される割には理解が進んでいない。仮想通貨の仕組みと、それを支えるブロックチェーン技術を分かりやすく解説し、仮想通貨の今後の展開を考察する。
1.キャッシュレス社会の最新動向と課題・展望
2.押さえておきたい!歴史の視点で見る「通貨」の本質
3.仮想通貨“ビットコイン”の仕組みと支えるブロックチェーン技術
4.ビットコインをはじめとする仮想通貨の抱える課題・問題点
5.ブロックチェーン技術の発展と金融ビジネスの変化
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/02/09
13:30-16:30
円満な遺産分割のための相続アドバイス!関連知識を総確認 小松 英二 相続 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2019年2月9日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】小松 英二(ゴールデンエイジ総研 代表/経済アナリスト/CFP)
【概要】
 実家の不動産とわずかな金融資産を持ち、相続になんとなく不安を抱えている人が少なくない。また、遺産の多い少ないにかかわらず「争族」も起きやすくなっている。そのため生前の相続準備や贈与が重要となる。本講義では、FPがアドバイスを行ううえで欠かせない相続・贈与の知識や民法改正(配偶者居住権など)のポイントを解説する。
1.遺産分割対策(遺言書作成の留意点、遺留分への配慮、配偶者居住権など)
2.納税資金対策(生命保険の活用、資産売却による資金確保など)
3.生前贈与(暦年課税制度、相続時精算課税制度、住宅取得資金贈与・教育資金贈与・結婚子育て資金贈与の非課税措置、など)
4.その他節税対策(賃貸アパート経営、小規模宅地の評価減、税法規定の活用など)
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/02/10
9:30-12:30
長寿社会で変わる生命・医療保険と介護・就業不能・認知症の備え 小松 英二 リスク AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2019年2月10日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】小松 英二(ゴールデンエイジ総研 代表/経済アナリスト/CFP)
【概要】
 高齢化が進む中で保険商品も多様化し、就業不能や介護費用などの保険にも関心が向かっている。また、家計改善から保険の見直しも進む。本講義では、FPが保険の加入や見直しなどの相談を受ける際に押さえておきたい保険全般の基礎知識を解説する。
1.入り過ぎに要注意!生命保険・医療保険の見直しのポイント
2.高齢化に対応する保険商品の動向/トンチン年金のメリット・デメリット
3.認知症に特化した保険や就労不能保険の動向・最新事情
4.自転車事故多発!支払い切れない負担への備え“個人賠償責任保険”
5.増やし、備える商品“外貨建て保険”のメリット・デメリット
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/02/10
13:30-16:30
不動産に係る2019年度税制及び2018年相続法改正の概要 荒井 俊行 不動産 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2019年2月10日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】荒井 俊行(土地総合研究所 専務理事/宅地建物取引士/マンション管理士/不動産鑑定士旧2次試験合格/CFP)
【概要】
 第一に、2018年12月には2019年度の税制改内容の骨格が固まるので、土地・住宅に係る不動産取得税、登録免許税、消費税、固定資産税、譲渡所得税、相続・贈与税についてその概要を紹介します。
 第二に2018年7月に40年ぶりに改正された民法の相続編の内、不動産に関連の深い配偶者居住権の創設を中心に関連する遺言・遺産分割・遺留分・特別寄与者等に関する見直し内容について解説します。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/02/11
09:30-12:30
重要な税金の最新の情報や確定申告で即に役に立ち喜ばれる話題 乾 晴彦 タックス AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2019年2月11日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
FP実務で重要な最新の税制の話題や確定申告で即に役に立つ重要なポイントを分かりやすくご説明をしていきます。
また、2019年10月からの消費税の引上げ(特に、軽減税率制度の導入)について、ご相談の多い事例を丁寧にご説明していきます。
(1)2019年度の税制改正の重要ポイント
(2)所得税の確定申告:FPが知っておきたい事・お客様から感謝される重要な話題
(3)消費税の軽減税率と複雑な事業者側の事務処理
・特に、変更となる事務処理
   区分記載請求書と適格請 求書についてのポイント
   仕入税額控除:インボイスは課税事業者のみ発行、免税事業者は発行が不可。
 ・軽減税率制度の概要・対象商品について
 ・軽減税率制度は全従業員の理解が必要、経理処理についても周知徹底を
 ・国の支援策(レジや受発注システムの改修などの補助金など)
(4)不動産の税制の勘所:取得時・保有時(固定資産税)・売却時に知っておきたい事
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
19/02/11
13:30-16:30
FPとしておさえておきたい老後マネーのアドバイスのポイント 乾 晴彦 ライフ AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2019年2月11日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
FP実務の柱でもある老後マネープランについて、お客様から多いご相談内容とそのアドバイス方法について分かりやすくお伝えしていきます。
ご自身の今後の人生にお役に立つ話題を熱くお伝えしていきます。
(1)多様化している老後資金に関するご相談内容と公的年金制度の最新情報
・低金利の預金、なかなか上がらない給与、しかし、インフレの時代に
・最近よく聞く公的年金の「所得代替率」とは
・FPとしておさえておきたい年金のご相談事例
(2)家計全般についてのご相談:先ずは家計の収支状況のご確認とお金の色分け
(3)将来の医療・介護への備えの勘所
・医療にかかるお金の現状
・介護に必要な期間と費用、
・介護施設に関する知識:これ だけは知っておきましょう。