MENU
TOP
「土地総合研究」
「今月の不動産経済」
不動産業業況等調査
定期講演会等
FP継続教育研修
土地総研メールマガジン
(購読無料、月1回配信)
→ 登録はこちら
「今月の窓」
リサーチメモ
関連資料
長期時系列統計
研究会の開催状況
研究所のご案内
アクセスマップ
English Page
FP継続教育研修 > 今月・来月のセミナー開催スケジュール
今月・来月のセミナー開催スケジュール
●今月・来月のセミナー一覧(開催済のセミナーを含む)
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/01/06
9:30-16:30
不動産活用の理論と現実 荒井 俊行 不動産 AFP6.0
CFP6.0
8,000円
【開催日時】2018年1月6日 9:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】荒井 俊行(土地総合研究所 専務理事/宅地建物取引士/マンション管理士/不動産鑑定士旧2次試験合格/CFP)
【概要】
 不動産の活用については、賃貸、入手、売却、信託など多様かつ多面的であり、実態面の理解の上に、様々知識を動員し、検討しなければならない。また不動産投資信託への資産運用も広い意味の不動産活用の一環である。更に相続の際には、不動産が関連することが多く、相続法制への理解が必要である。不動産の活用には、必ずその裏面に税制が付いて回るため、不動産税制の理解も欠かせない。
 今回は不動産活用をトータルに捉え、我々が直面する事象に対処できる基礎知識を確認することを目的とする。

 (1) 不動産総論
 (2) 不動産の有効活用
 (3) 不動産の入手
 (4) 不動産の信託
 (5) 不動産の税金

【備考】
テキストとして、日本経済新聞出版社刊「まるわかり、不動産活用」を使用いたします。なお、テキストは土地総合研究所が参加人数分をご用意いたします。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/01/13
9:30-16:30
不動産活用の理論と現実 荒井 俊行 不動産 AFP6.0
CFP6.0
8,000円
【開催日時】2018年1月13日 9:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】荒井 俊行(土地総合研究所 専務理事/宅地建物取引士/マンション管理士/不動産鑑定士旧2次試験合格/CFP)
【概要】
 不動産の活用については、賃貸、入手、売却、信託など多様かつ多面的であり、実態面の理解の上に、様々知識を動員し、検討しなければならない。また不動産投資信託への資産運用も広い意味の不動産活用の一環である。更に相続の際には、不動産が関連することが多く、相続法制への理解が必要である。不動産の活用には、必ずその裏面に税制が付いて回るため、不動産税制の理解も欠かせない。
 今回は不動産活用をトータルに捉え、我々が直面する事象に対処できる基礎知識を確認することを目的とする。

 (1) 不動産総論
 (2) 不動産の有効活用
 (3) 不動産の入手
 (4) 不動産の信託
 (5) 不動産の税金

【備考】
テキストとして、日本経済新聞出版社刊「まるわかり、不動産活用」を使用いたします。なお、テキストは土地総合研究所が参加人数分をご用意いたします。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/01/23
14:00-16:00
賃貸住宅建設の増加が示唆するもの - 市場重視と公共政策 妹尾 芳彦 不動産 AFP2.0
CFP2.0
2,000円
【開催日時】2018年1月23日 14:00 ~ 16:00
【開催場所】日本消防会館 5階 大会議室(http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html
【定員】30名
【講師】妹尾 芳彦(専修大学大学院 客員教授/(一財)土地総合研究所 研究顧問)
【概要】
 最近の貸家建設の動向については、税制の影響が大きく寄与しており、必ずしも実需を反映したものではないとの見解もある。一般的には、例えば、東京都区部など人口が増加していて、単身世帯を中心に世帯数も増加しているような地域では、当面の所得制約もあり、賃貸住宅への需要は増加していても不思議ではない。しかし、税制がその供給に上方バイアス(過剰投資)をかけているとすれば、今後の人口・世帯数の動向は住宅市場に不気味な影を落とすことになる。また、東京都に多く存在している「生産緑地」に係る営農義務が2022年に外されることの影響も無視できない。そこで、賃貸住宅の需要・供給を動かしている要因を探り、市場重視の観点から、税制等の公共政策の在り方を住宅市場の現状と先行きを念頭に論ずることとしたい。

1. 近年の民間賃貸住宅の動向 - 個人の賃貸住宅建設に注目して
2. 民間賃貸住宅の需要と供給
3. 賃貸住宅と持家の間 - 家 計の選好の傾向と持ち家有利説
4. 最近の民間賃貸住宅の動向と将来、公共政策との関係
5. 公的賃貸住宅の存在意義と公共政策

※本研修は、一般参加者と共同で聴講いただきます。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/02/05
14:00-16:00
所有者不明土地問題の背景と対応策 牧野 知弘 不動産 AFP2.0
CFP2.0
2,000円
【開催日時】2018年2月5日 14:00 ~ 16:00
【開催場所】日本消防会館 5階 大会議室(http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html
【定員】30名
【講師】牧野 知弘(オラガ総研株式会社 代表取締役)
【概要】
人口減少、少子高齢化が進む我が国において、国土が価値のある不動産と価値のない不動産に選別されつつある。それに伴い、地価もピンポイント的に上昇する地域とその他の地域に二極化しつつある。価値のなくなった土地に対する国民の関心は先細り、「土地は財である」との価値観に揺らぎが生じている。相続人が価値のない土地を放棄したいとの意識もみられる。所有することによる税や維持管理の負担感もあり、「触れたくない、忘れたい」と問題先送りしている中で、自らが土地所有していることすら忘れてしまう。これら現象は、主として山林や荒れ地で生じてきたものだが、今後、宅地でも大きな課題となっていく。
このような背 景のもと生じている所有者不明土地問題については、不動産登記制度のみならず、固定資産税等の税制、都市計画制度など様々な観点から対応する必要がある点について論ずる。

※本研修は、一般参加者と共同で聴講いただきます。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/02/10
9:30-12:30
図解で学ぶ! 投資判断に欠かせない地政学の基礎知識 小松 英二 金融 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年2月10日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】小松 英二(ゴールデンエイジ総研 代表/経済アナリスト/CFP)
【概要】
 激動の世界経済をより深く理解するためには、地政学の視点から国際情勢を見ていく必要がある。保護主義への傾斜と読みにくい外交戦略を展開する米国、反EUを掲げる政党台頭で揺れる欧州、不安定化するアジア近隣諸国の情勢などの背景・展開を整理し、今後の投資判断における留意点、注目点を見ていく。
 1. 歴史の視点で見る!保護貿易主義に傾くアメリカ
 2. 覇権争いの時代から統合に向かうヨーロッパ
 3. 周辺国との関係で見る大陸国家ロシア・中国
 4. 大国の思惑が渦巻き紛争が絶えない中東
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/02/10
13:30-16:30
円満な遺産分割のための相続アドバイス! 関連知識を総復習 小松 英二 相続 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年2月10日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】小松 英二(ゴールデンエイジ総研 代表/経済アナリスト/CFP)
【概要】
 実家の不動産とわずかな金融資産を持ち、相続になんとなく不安を抱えている人が少なくない。また、遺産の多い少ないにかかわらず「争族」も起きやすくなっている。そのため生前の相続準備や贈与が重要となる。本講義では、FPがアドバイスを行ううえで欠かせない相続・贈与の知識を解説する。
 1. 遺産分割対策(遺言書作成の留意点、遺留分への配慮など)
 2. 納税資金対策(生命保険の活用、資産売却による資金確保など )
 3. 生前贈与(暦年課税制度、相続時精算課税制度、住宅取得資金贈与 の非課税措置など)
 4. その他節税対策(賃貸アパート経営、小規模宅地の評価減、税法規定の活用など)
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/02/11
9:30-12:30
長寿・高齢社会で変わる生命・医療保険と介護・就業不能への備え 小松 英二 リスク AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年2月11日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】小松 英二(ゴールデンエイジ総研 代表/経済アナリスト/CFP)
【概要】
 高齢化が進む中で保険商品も多様化し、就業不能や介護費用などの保険にも関心が向かっている。また、家計改善から保険の見直しも進む。本講義では、FPが保険の加入や見直しなどの相談を受ける際に押さえておきたい保険全般の基礎知識を解説する。
 1. 生命保険・医療保険の見直しのポイント
 2. 高齢化に対応する保険商品の動向
 3. 介護費用や就労不能に備える保険商 品の動向
 4. マイナス金利で注目される外貨建て保険
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/02/12
09:30-12:30
重要な税金の最新の情報や確定申告ですぐに役に立ち喜ばれる話題 乾 晴彦 タックス AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年2月12日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
 FP実務で重要な税金の最新の話題や確定申告ですぐに役に立つ重要なポイントを分かりやすくご説明をしていきます。
 また、平成30年からのマイナンバー法の改正について、お客様からご相談の多い事例を丁寧にご説明していきます。
 (1) 平成30年度の税制改正の重要ポイント
 (2) 勘違いが多い確定申告(特に、お客様に 喜ばれる話題)
 (3) FP実務に役に立つ証券税制の勘所
 (4) マイナンバー法の改正と名義預金のポ イント、KSK(国税総合管理)システム
 (5) 法人税での重要ポイント:当期純利益と課税所得の違い、交際費、役員給与等
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/02/12
13:30-16:30
公的年金と介護保険の最新情報と役に立つキャリアビジョンとは 乾 晴彦 ライフ AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年2月12日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
 FP実務の柱でもある社会保障制度(今回は年金と介護)について、最新の重要な情報を分かりやすくお伝えしていきます。
 また 、私が企業で「キャリアビジョン」の研修もしていますが、その中でも特に喜んで下さっている内容を熱くお伝えします。今後の人生にお役に立つはずです。
 (1)公的年金制度の最新情報
  ・最近の大きな改正のまとめ
  ・最近よく聞く「所得代替率」 とは
  ・FPとしておさえておきたい年金の ご相談事例
 (2)FPに必要なご相談の多い介護保険制度の重要ポイント
  ・2018年の介護保険法の改正案:
    地域包括ケアシステムの深化・ 推進。介護保険制度の持続可能性の確保。
    高齢者の利用ニーズに対応した介護サービス基盤の確保。
    自己負担割合が増加。福祉用具貸与の価格に上限など
  ・介護経験者から見た介護施設の選び方と多いトラブル事例 とは
 (3)50歳以降にご相談の多い「キャリアビジョン」とは
  ・自分らしいライフスタイルとは
  ・自分だけの人生のシナリオ作り