MENU
TOP
「土地総合研究」
「今月の不動産経済」
不動産業業況等調査
定期講演会等
FP継続教育研修
土地総研メールマガジン
(購読無料、月1回配信)
→ 登録はこちら
「今月の窓」
リサーチメモ
関連資料
長期時系列統計
研究会の開催状況
研究所のご案内
アクセスマップ
English Page
FP継続教育研修 > 今月・来月のセミナー開催スケジュール
今月・来月のセミナー開催スケジュール
●今月・来月のセミナー一覧(開催済のセミナーを含む)
※ 2017年11月3日 13:30 ~ 16:30 荒井俊行氏の講座については、開催中止となりました。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
17/10/10
14:00-16:00
不動産市場の最新動向と今後の有望分野 石澤 卓志 不動産 AFP2.0
CFP2.0
2,000円
【開催日時】2017年10月10日 14:00 ~ 16:00
【開催場所】日本消防会館 5階 大会議室(http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html
【定員】30名
【講師】石澤 卓志(みずほ証券株式会社 市場情報戦略部 上級研究員)
【概要】
 不動産市況は、全体としては堅調を維持しているが、足元では不安要因が増えてきた。景気の減速を背景にオフィス賃料に頭打ちの傾向が出始め、マンション市場では、供給戸数の落ち込みや売れ行きの不振が目立ち始めている。インバウンド需要が一服し、マイナス金利や円高などの影響にも不透明な部分がある。このような状況を踏まえて、現在の不動産市場の環境を整理し、ビジネスチャンスを探ってみる。不動産投資の分野では、上場REIT、私募REIT、私募ファンドなど、金融商品の多様化が進み、インフラファンドも登場するなど、投資対象の拡大も続いている。不動産投資の活発化が実物不動産の市場におよぼす影響についても検討する。さらに、2021年以降の「オリンピック後」の市場動向を展望し、不動産分野の中期的な成長可能性について考察する。

※本研修は、一般参加者と共同で聴講いただきます。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
17/10/28
09:30-12:30
日本と世界の経済の数年間の流れの総まとめ 乾 晴彦 金融 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2017年10月28日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】20名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
米国以外においても激変しております世界経済と日本経済の現状その背景や原因、為替の変動要因などを詳しくご説明していきますので、経済の話題が大好きになります。
また、日本と世界経済の数年間の流れについて、その背景や原因を知っていただけます。

(1)日本経済の2017年の大きな動き
(2)20分で出来る日本経済新聞から の情報収集の方法:奇数面とマーケット総合欄
(3)世界経済の動き:特に、米国、欧州、新興国の2018年の経済の見通し
(4)為替の動きの重要なポイント
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
17/10/28
13:30-16:30
輝く生活を送る人生プラン、公的年金制度を再確認し今後の設計を 乾 晴彦 ライフ AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2017年10月28日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】20名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
FP実務の柱でもあるライフプランについて、最近の特徴を分かりやすくお伝えしていきます。
具体的に色々と考えてみることで、ご自身の将来のさまざま選択肢を想定することができるようになります。
今後の生活に長期的な目標を作ることは、上手に生きることにもつながるはずです。
(1)将来の人生プラン:将来設計で必要なこととは
   最近多いご相談:景気低迷と個人の収入・資産減少懸念(長くデフレが続きました)
(2)老後破綻を避けるためには
   特に、50歳代からのお金について
(3)日本の公的年金制度のご確認
   他の先進国の年金についても学びます
(4)輝く人生を送るための人生プラン:マネープランも含みます
   夢実現に向けてライフプランを策定しよう:介護や任意後見制度も含みます
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
17/10/29
09:30-12:30
相続税法の改正と生命保険の現場&生命保険とマイナス金利の影響 乾 晴彦 リスク AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2017年10月29日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】20名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
相続対策とは遺産分割対策、納税資金対策、節税対策の3つがあり、決して節税だけではありません。
しかし、FPの現場では節税対策と相続税の納税資金対策のご相談はさらに多くなって来ております。
また、生命保険の活用方法を最新情報も含めて分かりやすくご説明をしていきます。
(1) 21年ぶりの相続税法の改正を契機とした生命保険のニーズの変化
(2) もめない相続対策や納税資金対策で効果的な生命保険
(3) 生命保険会社のマイナス金利の影響:商品選択に必要な知識とは
(4) 2018年の自動車保険料の改定の内容
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
17/10/29
13:30-16:30
日本の税制の歴史とFP相談によく出て来る税の相談 乾 晴彦 タックス AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2017年10月29日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】20名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
戦後の昭和22年に、日本は税制の民主化をはかるために、所得税、法人税および相続税において「申告納税制度」を導入しました。
それまでは、納付すべき税額を役所が決定して通知する方式でしたが、納税者自らが1年間の所得を計算し、税額を申告して収めることとなりました。
税の歴史や所得税の中でも特に重要なポイントを分かりやすくご説明をしていきます。
(1) 歴史に学ぶ税制改正の大きな流れのポイント
(2) 10種類の所得の重要ポイント&知っておきたい様々な特例の再確認
(3) FP相談によく出て来る税の相談
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
17/11/03
09:30-12:30
21年ぶりの相続税法の大改正から約3年経過後の動き 乾 晴彦 相続 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2017年11月3日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】20名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
平成28年12月15日に国税庁より、平成27年分の相続税の申告状況が発表されました。
平成27年1月に21年ぶりに相続税の基礎控除額が改正されてから初の申告統計結果であります。
課税割合は、平成26年分の4.4%から8.0%へと大幅に増加しました。
改正から3年経過しましたが、国民の動きを分かりやすくお伝えして いきます。
(1)21年ぶりの相続税法の大改正から約3年経過後の動き
(2)改正後の相続税額と贈与税の中身を知る:一緒に計算してみましょう
(3)相続開始後に銀行への取引履歴の照会が多くなってきた背景とは
(4)マイナンバー法の改正と正しい贈与の方法
(5)「争族」に多い4つのパターンとFP実務に必要な効果的なアドバイスとは
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
17/11/13
14:00-16:00
所有者不明土地の課題 阿部 剛志 不動産 AFP2.0
CFP2.0
2,000円
【開催日時】2017年11月13日 14:00 ~ 16:00
【開催場所】日本消防会館 5階 大会議室(http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html
【定員】30名
【講師】阿部 剛志(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 主任研究員)
【概要】
 21世紀の我が国の国土管理を展望する際に直視しなければならない課題に、空き地の増加やこの中に含まれる所有者不明土地問題がある。
 国土交通省の 最近の発表に依れば、土地基本調査(平成25年)における世帯宅地面積約1.14万平方キロメートル中に占める空き地面積は981平方キロメートルと全体の8.6%に及び、この問題が東日本大震災の復興事業を始めとした各種の事業化の阻害要因となるだけでなく、今後の地域のあり方に大きな波紋を投げかけるものである。
 このため、その実態及び現行制度における対応状況を踏まえ、適切な国土管理に向け て取り組むべき方向性等について様々な観点から考察する。

※本研修は、一般参加者と共同で聴講いただきます。