MENU
TOP
「土地総合研究」
「今月の不動産経済」
不動産業業況等調査
定期講演会等
FP継続教育研修
土地総研メールマガジン
(購読無料、月1回配信)
→ 登録はこちら
「今月の窓」
リサーチメモ
関連資料
長期時系列統計
研究会の開催状況
研究所のご案内
アクセスマップ
English Page
FP継続教育研修
FP継続教育研修
●FP継続教育研修のご案内
※当講座は、日本FP協会の継続教育研修となります。
※お申込み受付後、メール(自動)にて入場券お送りいたします。
 メールが届かない場合は、お手数ですが下記連絡先までお問い合わせください。
 電話:03-3509-6972(平日 10:00-17:00)
※参加費は、当日受付にてお支払下さい。なるべくお釣りのないようご協力お願いします。
※各講座は、申込み先着順となります。定員に達した後のお申込みの方には1営業日中(平日 10:00-17:00)にご連絡いたします。予めご了承願います。
お申し込みはこちら

●現在お申込み可能なセミナー一覧
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/09/25
13:30-16:30
FPのための入門・金融論 大越 利之 金融 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年9月25日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】大越 利之(麗澤大学 経済学部 准教授/(一財)土地総合研究所 客員主任研究員/博士(経済学))
【概要】
○ 利子率の理論
・金融政策と金利
・短期金利と長期金利

○ 為替レートの理論
・短期の理論と長期の理論

○ 金融政策の理論
・伝統的金融政策:平常時の金融政策
・非伝統的金融政策:ゼロ金利政策、量的金融緩和政策、量的・質的金融緩和政策・マイナス金利政策
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/10/11
14:00-16:00
不動産市場の動向と最近の潮流 佐久間 誠 不動産 AFP2.0
CFP2.0
2,000円
【開催日時】2018年10月11日 14:00 ~ 16:00
【開催場所】日本消防会館 5階 大会議室(http://www.nissho-jyouhou.jp/nissho-hall/accesmap.html
【定員】30名
【講師】佐久間 誠(株式会社ニッセイ基礎研究所 金融研究部 准主任研究員)
【概要】
 日本の不動産市場は、長期化する景気拡大や日銀の大胆な金融緩和を追い風に、堅調に推移している。2018年は東京都心でオフィスビルの竣工が相次ぐことから、不動産市況の潮目が変わるとの見方もあったが、その懸念も遠のきつつある。しかし、少子高齢化・人口減少という構造的な変化が進む中、今回の不動産市況サイクルもいずれピークアウトを迎えるとの懸念が根強く残る。
 一方で、テクノロジ ーを活用して不動産業に変革をもたらそうという、新たな動きが日本においても台頭し始めている。これらの不動産テック企業は、コワーキングスペースや民泊など、新たなサービスを通して、不動産業のあり方を問いかけている。今後、不動産テック企業がどれほど事業を拡大するのか、また不動産市場へどのような影響を及ぼすのかに、注目が集まる。
 本セミナー では、オフィス市場を中心に不動産市況の現状を整理した上で、主要な不動産テック企業のビジネスモデルを紐解き、不動産市場への影響を展望する。

※本研修は、一般参加者と共同で聴講いただきます。
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/10/20
09:30-12:30
人生100年時代にFPとして必要な総合的アドバイスの重要ポイント 乾 晴彦 ライフ AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年10月20日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
FP実務のベースとなるライフプランについて、現場で起きている最近の大きな動きを分かりやすくお伝えしていきます。具体的な事例を学ぶことで、これからの人生100年時代に、顧客からFPに求められるアドバイスの勘所が理解でき、分かりやすくお伝え出来るようになります。今後の生活に長期的な目標を作ることは、上手に生きることにもつながるはずです。

(1)将来の人生プラン:将来設計で必要なこととは
 最近多いご相談:今後も当分続く低金利政策、個人の収入・資産減少懸念など(長くデフレが続きました)の中で、ご自身は何をすれば良いか
(2)老後破綻を避け、知っておきたい人生後半戦が輝くための生き方・考え方
(3)日本の公的年金制度のご確認や今後の見通し
 他の先進国の年金についても学びます。
(4)輝く人生を送るための人生プラン:私の「強み」と「弱み」を知り行動変容を
 活躍できる人生・夢実現に必要なライフプランとは
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/10/20
13:30-16:30
2018年の日本と世界の経済の大きな動きとJ-リートの現状と見通し 乾 晴彦 金融 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年10月20日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
11月の米国での中間選挙や米中貿易戦争などで経済も激変しております。世界経済と日本経済の現状、その背景や原因、J-リート市場の仕組みや現状、為替の変動要因などを詳しくご説明していきますので、経済の話題が大好きになれます。
また、日本と世界経済の数年間の大きな流れについて、振り返りが出来ます。

(1)日本経済の2018年の今までの大きな動きと今後の見通し
(2)20分で出来る日本経済新聞からの情報収集の方法:奇数面とマーケット総合欄
(3)最近お客様からご相談の多くなったJ-リート市場の現状と今後の見通し
(4)為替の動きの重要なポイント
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/10/21
09:30-12:30
相続税法の改正と生命保険の現場&ご相談の多い「就業不能保険」 乾 晴彦 リスク AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年10月21日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
長引く低金利政策の影響もあり平成30年は生命保険の市場には、大きな変化が出てきております。
また、相続対策とは遺産分割対策、納税資金対策、節税対策の3つがあり、決して節税だけではありません。しかし、FPの現場では節税対策と相続税の納税資金対策のご相談はさらに多くなって来ております。さらに、就業不能保険をご説明していきます。

(1) 平成27年度の相続税法の改正による生命保険のニーズの最近の変化の中身
(2) もめない相続対策や納税資金対策で効果的な生命保険
(3) 最近ご相談の多い「就業不能保険」の勘所
(4) FPに必要な先進医療保険のポイント
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/10/21
13:30-16:30
消費税アップによる様々な影響と見通し&確定申告でのポイント 乾 晴彦 タックス AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年10月21日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
平成元年に導入された消費税が来年10月から10%になる予定です。FPに必要な確定申告のポイントをわかりやすくお伝えします。

(1)FP相談の中で、年末によく出て来る税の相談事例と最新の税制改正のポイントをわかりやすくお伝えします。
(2)世界の消費税の現状と消費税アップによる様々な影響とは
(3)10種類の所得の重要ポイント&知っておきたい様々な特例の再確認
(4)FP相談で毎年年末によく出て来る税の相談と最新の税制改正のまとめ
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/10/27
09:30-12:30
21年ぶりの相続税法の大改正から4年経過後の動きと最新事業承継 乾 晴彦 相続 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年10月27日 9:30 ~ 12:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
平成29年12月15日に国税庁より、平成28年分の相続税の申告状況が発表されました。平成27年1月に21年ぶりに相続税の基礎控除額が改正されてから2回目の申告統計結果であります。
課税割合は、平成26年分の4.4%から8.1%へと大幅に増加しました。改正から約4年経過しましたが、国民の動きを分かりやすくお伝えしていきます。
また、平成30年度税制改正の目玉の事業承継税制のポイントをわかりやすくご説明をしていきます。

(1)21年ぶりの相続税法の大改正から約4年経過後の動き
(2)改正後の相続税額と贈与税の中身を知る:一緒に計算してみましょう
(3)相続開始後に外野席の方から銀行への取引履歴の照会が多くなってきた背景とは
(4)「争族」に多い4つのパターンとFP実務に必要な効果的なアドバイスとは
(5)民法改正(相続編)&平成30年度税制改正の目玉の事業承継税制のポイント
開催日 テーマ 講師 課目 認定単位 料金(税込)
18/10/27
13:30-16:30
知っておきたい金融庁が投信販売で共通指標を導入する中身等 乾 晴彦 倫理 AFP3.0
CFP3.0
4,000円
【開催日時】2018年10月27日 13:30 ~ 16:30
【開催場所】土地総合研究所 会議室(http://www.lij.jp/lij/lij4.html
【定員】16名
【講師】乾 晴彦(CFP/1級FP技能士/損害保険特級資格/証券外務員一種資格/DCアドバイザー/宅地建物取引士 等)
【概要】
金融庁は2018年6月29日に投資信託を販売する銀行や証券会社に対して、顧客の運用損益別の比率など3項目の共通指標を導入し、統一基準で算出・公表することを求めると報道されました。そのポイントをご説明します。
また、フィデューシャリー・デューティーについて、具体的な7つの原則を分かりやすくお伝えをします。

(1)金融庁が投信販売で共通指標を導入:顧客の損益分布など3項目
(2)コンプライアンス:特に、FP実務で重要な内容とは
(3)フィデューシャリー・デューティー:具体的な7つの原則とは
●今月・来月のセミナー開催スケジュール